あじさい 病気。 アジサイ病

アジサイ

あじさいがく、つまり花全体またはその一部が緑色から濃い緑色に変化し、葉のようになります。 それは主に雨や水やりで跳ね返る泥から伝染します。 黒い斑点がいくつかあり、さらに悪化すると、斑点から穴が開き始めます。 感染は、雨水から跳ね返る土を通して広がります。 また、ポットに植えるときは、シクラメンの根を傷つけないようにしてください。 症状は徐々に広がり、同心円状のパターンが現れ、葉は黄緑色になります。

Next

アジサイ害虫

ガクアジサイH. 患部がある場合は、すぐに切り取って処分し、消毒剤を塗布してください。 モザイク病 エイブラムスなどの害虫から伝染する病気です。 stylosaに関連しています。 それは徐々に拡大し、スポットの内側を薄茶色から白灰色に変え、葉を突き抜けます。 足柄上郡• ローマ人[]• 健康な樹木は樹液や接触を介して感染する可能性があるため、病気の樹木を切るナイフで切り倒さないでください。 新潟県:南神原地区• 知らないうちに放置すると、最悪の場合、枯死したり、他のアジサイや植物に伝染することがあります。

Next

アジサイ病

ほぼ乾きを見ている 毎朝。 山形県:西村山郡• 「」-1974年の歌• (2006).. ただし、学名Hydrangea macrophylla Seringe varを使用しています。 アジサイは剪定が好きではないので、試してみてください。 転送方法 アブラムシと線虫が媒介する。 茶色の部分が融合し、丸い病変が広がり、葉が変形します。 土壌散水 あなたがリバウンド感染をキャッチするので注意してください。

Next

病気名で薬を探す

したがって、アジサイでも主に葉に病変が現れます。 下では、バッテリー付きスプレーを5カップ以上使用します。 さまざまな植物の苗に発生しますが、ほとんどの場合、高温多湿の条件で発生します。 ウイルスを運ぶアブラムシとウマを防除し、感染を防ぐことも重要です。 いずれにしても、日陰に保つのが最善です。 アジサイを育てるときに注意すべき病気や害虫は何ですか? アジサイは病気にかかりにくい植物です。

Next

アジサイ害虫

土砂が入らないように、土台の上とその周りに木材チップを置きます。 103〜104。 病気の発症を防ぐために• 病気の木から木を切り取ると、例外なく病気になります。 ""-1997年の歌• 栽培品種には花火や城ヶ崎などがあります。 私のアジサイもあまり良くありません。 根で切ると肥料になります。

Next

鉢植えアジサイのお手入れのコツ!害虫や病気から何をすべきか

主な仕事 花の収集と剪定:開花を改善するために、剪定は7月上旬から9月中旬に行われ、花の収集と組み合わせて、今年成長した3〜5本の新芽(節)を残します。 しかし、闘うための最良の方法は、木炭と褐色斑点病の両方に効果的な農薬を使用することです。 ほとんどの場合、アブラムシは保菌者で感染しますが、馬ダニ、ハダニ、ハダニによっても伝染し、ランでは水を介して伝染します。 どの病気が全菌株に損傷を与えますか? ・ウイルス性疾患 あじさいの葉や茎など、台木のどこにでも。 あじさいケア!水やりと受精の方法は?水路 アジサイは乾燥を嫌います。

Next

鉢植えアジサイのお手入れのコツ!害虫や病気から何をすべきか

この病気の名前の理由は、モザイクの斑点が葉や茎の形で形成されるためです。 Q 庭にアジサイを植えたいです。 排水不良と換気不良も損傷の原因となります。 不規則な水に浸した斑点は、葉の上で徐々に拡大し、大きな病変に発展します。 夏は気温が上がると被害の可能性が低くなります。

Next